糖尿病及びその合併症に対する治療

糖尿病に対する治療としては、「生活習慣の改善」と「糖尿病に対する薬(抗糖尿病薬)の内服」、「インスリンなどの注射製剤」の投与などによる血糖コントロールを行います。

糖尿病については、その合併症に注意する必要があります。主な合併症は、糖尿病性腎症、糖尿病性腎不全、糖尿病性の末梢神経障害、動脈硬化の進行による心筋梗塞、脳梗塞ですが、早期発見および治療をしていきたいと思っております。

高血圧、高脂血症、高尿酸血症などの生活習慣病に対する栄養指導及び内服薬による治療

高血圧、高脂血症、高尿酸血症などの生活習慣病に対しては、「生活習慣の改善」と「薬の内服」という二つの観点から治療を行っていきます。

甲状腺疾患に対する治療

甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、慢性甲状腺炎などの精査及び治療を行っていきます。また、定期的な甲状腺機能データのチェックを行い、内服薬による治療を行っていきます。また、遺伝子学的診断、画像診断等による甲状腺がんの早期発見に努めていきます。

その他

漢方薬(保険適応)による東洋医学的な治療、睡眠時無呼吸症候群の診断と治療(日帰りにて、自宅での検査)、しびれ、疼痛に対する治療(漢方薬、内服薬、点滴)、また、癌終末期の疼痛に対する治療を行っています。