基本的に、がんに対抗する武器は、1つより2つ、2つよりも3つあったほうがいいと思います。自然治癒力を高めることが主な目的です。がん治療に高濃度ビタミンC点滴や血液クレンジング(オゾン)療法を併用することによって、自然治癒力を高める効果が期待できます。

高濃度ビタミンC点滴療法

高濃度のビタミンCを静脈へ投与することにより、強力な抗酸化作用を発揮することを期待できます。
正常な細胞は過酸化水素を中和するが癌細胞は中和できずに死んでしまう、という性質を利用した治療法です。 
1.活性酸素を捕捉する抗酸化作用で細胞のがん化を防ぐ
2.白血球やマクロファージの機能を高めて免疫機能増強する
3.抗がん活性を有するインターフェロンの産生を促す
4.薬物代謝に関わって発がん物質を解毒し、体外に排泄する
5.胃がんの原因になるニトロソアミンの胃中での生成を防ぐ