癌mRNA検査

画像検査では判らない小さながんも数mlの血液で臓器別にリスクが判定できます。偽陰性及び偽陰性に不安な方に最適な検査です。

がんを含む疾病発症のプロセスには、遺伝子の異常や環境因子が複雑に絡み合っていることが多く、前がん状態でも生体内において平常時とは異なった遺伝子発現を示すことが分かってきており、その発現変化(RNA)を検査することで、今の状態の予測が可能になる。

がんを見つける検査ではなく、がんが発症する何歩手前にいるかを予測する。

 

解析報告書サンプル

解析している遺伝子は、がん進行に寄与する場合も、がん発生に寄与する場合も両方考えられる。がんがあるから遺伝子発現が高いという結果だけではなく、がんを発生させやすい環境があるから遺伝子発現が高いという結果もある。

長寿遺伝子(sirt1)検査

身体を若々しく保ち、長寿に働きかけるといわれている長寿遺伝子(sirt1)の働きを解析し、数値化する検査。
現在の健康状態の確認、サプリメントや生活習慣の効果の確認に利用されている。

検査結果サンプル
 

 (リアルタイムPCR法により得られたデータを独自の計算式で数値化し、約1,000検体から得た暫定平均値と比較して報告する)